木のある暮らし・木の街づくり応援
WEBマガジン

SNS

ウッドデッキのメリットって何ですか?

ウッドデッキは、洗濯ものや布団を干すのに便利という実用面でのメリットや、リラックスするスペースとして、家族や友人とのコミュニケーションのスペースになるといったメリットがあります。しかしウッドデッキといっても天然木を使ったものと人工木(樹脂木)を使ったものがあります。ここでは天然木を使ったウッドデッキのメリットを紹介します。

見た目が自然で庭や建物と調和する

木は自然素材なので見た目もやさしく、温もりを感じます。経年変化により風合いも落ち着いたシルバーグレイになり、街の景観に溶けむように調和します。庭の植物との見た目の相性もいいです。



 
グランピング施設のスギ板を使ったデッキ

熱伝導率が低く足触りがいい

木は熱伝導率が低い素材なので、夏でも熱くなり過ぎず、冬でも冷たくなり過ぎません。また、足触り、肌触りがいいのも天然素材ならではの持ち味です。特に国産のスギ材やヒノキ材は、ハードウッドと呼ばれる外国産の硬い天然木よりも柔らかさがあり快適です。

肌触りのいいヒノキ材やスギ材

露天風呂などの浴槽には、水に強く香りもいいヒノキがよく使われます。その肌触りのよさは皆さまもよくご存知かと思います。また、スギ板はあたたかみがありやわらかく、傷が付きやすいということがありますが、快適さを売り物にするグランピング施設のデッキにも使われています。


補修が簡単

傷んだ部分の板だけを取り換えることができるので、補修の手間が少なくてすみます。

 
 

森を育てる

適切な過程を経て生産された木材を使うことで「植える→育てる→収穫する」という森林のサイクルを循環させることができ、結果的に森林の育成に貢献できます。また、木材を家や外構に利用すれば二酸化炭素を固定することになるので、地球温暖化の抑制にも貢献します。

木のある暮らし・木の街づくりのメリット  

 
 

まだまだある木製エクステリアのメリット

森林のサイクル・環境編

木のエクステリア編

都市の木質化編