木のある暮らし・木の街づくり応援
WEBマガジン

SNS

木材を建築に使うときに、どのようなことを注意すべきでしょうか?

 雲の上のホテル 温泉施設へ連絡通路 雲の上のホテル 温泉施設へ連絡通路

日本は雨が多く湿度も高いので、まず雨水にきちんと対応することが重要です。具体的には建物に直接雨が当たる「雨掛かり」をできるだけ少なくすること、湿気がたまらないような通気構法を心がけることなどでしょう。通気構法とは、柱と外壁の間に通気層をもうけることで、壁体内の湿気を軒下から放出する構法です。

また、「Q.腐食や蟻害など、経年による変化を受けやすい木造建築は、公共施設等には向かないのではないでしょうか」でもありましたとおり、木材にかかる水分に注意するだけでもシロアリの繁殖を抑え、腐朽菌の抑制にもつながります。

森林のサイクル・環境編

都市の木質化編

木のエクステリア編