木のある暮らし・木の街づくり応援
WEBマガジン

SNS

脱炭素社会の実現を目指して
法改正で木材利用をさらに促進!

木の街づくりTALK ~都市まちの木造化推進法の目的と今後の展開(後編)~

公共建築物の木材利用促進を目指した『公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律』が制定され約10年が経ちました。その間、さまざまな技術革新や建築基準の合理化などにより木材利用の可能性は大きく広がっています。そして2021年6月に木材利用促進の対象を公共建築物から民間建築物を含めた建築物一般に拡大するための法改正が行われ『脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律』(都市まちの木造化推進法)が10月1日に施行されました。今回は木の街づくりTALKと題して日建設計 Nikken Wood Labの大庭拓也さんをゲストにお招きし、林野庁木材利用課の櫻井知さん(オンラインで参加)と井上源太さんの3人で法改正の狙いや今後の展開について意見交換をしました。

目次
前編
木材利用で産地とのつながりをデザイン
現場を見たことで木の良さを体感できた
木材や自然をより身近に感じてもらう。1本の木を無駄にしない工夫。
身近なところからウッド・チェンジ

Story