木のある暮らし・木の街づくり応援
WEBマガジン

SNS

加圧注入処理と保護塗料に熱圧加工処理を加えて
過酷な環境下での外構木質化促進の未来を占う実証実験

株式会社saiブランドは、水辺、海辺に使用される建材や製品の提供、様々な外構の設計・施工、ならびに木造構造物の劣化診断などを行っている会社です。2年前に本社を沖縄県糸満市に移転し、木造の新社屋を建設。今回は、木材劣化の実証実験を兼ねてウッドフェンスとウッドデッキを新設しました。風や陽射しが強く、木の外構にとっては過酷な環境の沖縄で実証実験を行い、国産材の利活用拡大につなげていきたいと話す施主の結城拓士さんと設計・施工、木材調達を担当した物林 株式会社 環境・景観事業部の前田広紀さんにお話を伺いました。

目次
国産木材による木質化促進の可能性を検証
沖縄の自然環境に国産材はどこまで耐えられるか
3タイプのウッドフェンスで耐久性、デザイン性を検証
地域の人々の交流の場になるユニークなウッドデッキ
耐久性・耐候性向上にも期待できる熱圧加工処理
ショールームと実験室を兼ねる外構設備
付加価値を高め、木材利用の需要を拡げる

360°パノラマビューで見る 

Story