木のある暮らし・木の街づくり応援
WEBマガジン

SNS

作庭家が挑戦する森林の自然再生。

放棄地からの脱却。祖父が残した長泉農場(静岡県駿東郡)にて
作庭家
矢藤 昭憲
1979年生まれ。東京農業大学大学院修了後、家業の造園業へ。現在矢藤園(東京都世田谷区)の4代目として、個人住宅の作庭と管理を主に行っている。「素敵な住空間は家と庭をセットで考えること」をモットーに日々建築も勉強している。

撮影・聞き手 池内 満

Story