木の塀、木のエクステリアのメリット

美しい街並み、美しい我が家

木の塀、木のエクステリアは、「まちづくり」に調和する美しい家を生み出します。

木で作られた塀やエクステリアは、安全な通学路の確保につながり、防音対策など生活環境の改善にも効果を発揮します。

木で感じる、優しさとぬくもり。
家族と、まちに住む人々に、美しい景観と安心を運びます。

木を使うことは持続可能な社会に貢献すること

あまり知られていませんが、実は日本は森林大国。
国土の約70%が森林で、そのうちの約40%は、人間の手によって育てられた人工林です。いま、この人工林が本格的な利用期を迎えています。二酸化炭素を吸収し炭素を固定している木材を利用することは、地球温暖化の防止にもつながります。

国際目標である持続可能な開発目標(SDGs)でも、持続可能な森林の経営が陸上資源をテーマとした重要な目標とされています。砂漠化を防ぎ、土地の豊かさを維持し、生物多様性の損失を食い止めるためにも、森林に適切な管理が求めれているのです。

木の塀、木のエクステリア。とってもいいね!

デザインが自由

木材は、自由にデザイン・設計できるのも魅力のひとつ。
狭い場所や複雑な敷地でも問題なく、高さも自由に調整可能なため、家の状況に合わせて、好きなようにデザインすることができます。

必要な箇所に、オリジナルデザインの木材を。
住み心地と景観に配慮した、世界にただひとつの木の塀、木のエクステリアを、自分たちの手で作りましょう。
防音対策

木材には、音を吸収する働きがあることをご存知でしょうか。低音・中音・高音をバランスよく吸収する働きがあるため、ノイズの軽減に役立つという研究結果があります。この特性は、多孔質の材料である木材ならでは。目には見えない無数のミクロの孔が、そのような効果を生み出しているのです。
加圧式防腐処理をした国産スギ合板を活用。騒音が半減 越井木材工業株式会社加圧式防腐処理をした国産スギ合板を活用。体感音量(騒音)が半減する
教育施設での導入事例:
町田自然幼稚園R棟
小平なみき保育園
大阪府高槻市立松原小学校
大阪府高槻市立松原小学校

まだまだある。こんないいこと。


加工しやすい
 
コンクリートやアルミ、ステンレスなどと違って、加工しやすい木材。
形も大きさも自由自在なので、近くの工務店や大工さん、DIYでも作ることができます。
好きなようにデザインして、好きな色の塗料を塗って耐久性を持たせたり、お気に入りのエクステリアを据え付けましょう。気分が変わったら、あとからデザイン変更したり、付け加えたり自由度が高いのも木材ならでは。

安全性が高い
 
ブロック塀の倒壊事故が起きて以来、その価値が見直されつつある木材。
木材はコンクリートや鉄に比べて軽く柔らかいため、衝撃を緩和したり、圧迫の危険性が軽減されます。東京都をはじめとして、学校や施設などの公共施設での置き換えがすでに進んでいます。
また、構造部やかぶせ部分、土台に鉄やコンクリートなどを組み合わせることによって、強度と耐久性をさらに高めることができます。

 

低コストで入手しやすい
 
木材の特長として、安価で手に入れやすいことが挙げられます。材木屋さん、またはホームセンターでも国産の木の板や柱が手に入ります。
同じ面積の塀やエクステリアを、コンクリートやアルミ、ステンレスなど
他の素材で作る場合と比べて、お財布に優しいのが特徴です。
メンテナンスも自由自在、汚れや破損が生じた場合に、該当箇所だけを交換することも可能です。
 木材は、施工期間、材質の特長や防腐処理など多様な条件に対応可能です。信頼できるプロにあらかじめご相談すると低コストも可能です。

様々なメリットがある木を使ったエクステリア。ぜひあなたの周りでも取り入れてみてください。

Story