木のある暮らし・木の街づくり応援
WEBマガジン

SNS

【静岡】
住宅 :木の塀

防腐処理等の種類・塗装・工法

国産杉に防腐防蟻処理を工場で乾式加圧注入処理を行っており、長期防腐防蟻効果が得られます。さらに厚みは4cm杉の赤身材(木材の芯に近い濃い部分で、その周りの白太といわれる辺材よりも非常に耐久性の優れた部分)のみを使用しているので、腐ってしまうようなことはありません。支柱はアルミ柱のため、地中で腐る心配はありません。更に木材保護塗料「キシラデコール」で日光や雨・害虫・カビなどの外敵から大切な木材を長期間守ります。色は「ピニー」木目を生かした優しい色合い。

PRポイント

道路から敷地に高低差があり、ブロック塀の高いところでは道路から2.5mほどあり、かなりの圧迫感がありました。ブロック塀も老朽化しており、地震時に危険なため撤去と新たなアルミフェンスをご希望でしたが、環境にやさしい温かみのある木塀をご提案しました。塀の高さがあるので、風の抵抗もかんがみ、板の間を10㎜づつ隙間を開けたので、見た目も軽やかです。天然木の特徴である板ごとの色合いの違いや杉特有の節も、天然木ならではの温かさ。以前は沢山の植栽がありましたが、手入れが大変という事で伐採しましたが、木塀のおかげで庭も寂しくありません。

基本情報

物件種別
住宅
所在地
静岡
使用木材
スギ

メールマガジン登録