スゴいぞ!ニッポンの木のチカラ ▽夢の木造タワー計画&“最新”木造駅舎

今、木を使った巨大建築が増えてる!?その数々をご紹介。知らせざる「木」の可能性に迫る!

 

高度経済成長期、日本の特に都市部では木の建物が年々淘汰され、コンクリートの建造物が林立するようになりました。しかし近年、木材の研究開発が進み、耐震性、耐火性などが飛躍的に向上、なんと!木造のビルやマンションまで建設することができるようになっています。各地で展開されている“木の街づくり”に密着しました。

【取材地】岩手、宮城、埼玉、千葉、神奈川、東京
【案内】藁谷 麻美
【リポーター】猪井操子 ほか
【製作】BSテレ東、日経映像

2019年8/10(土)17時 BSテレビ東京にて放送
パートごとに見る
オフィスも街も木が変える。知られざる木のパワー
下町商店街の新名物 東京の木で造った戸越銀座駅(東京都品川区)
木で造られた!横浜の巨大モール・燃エンウッド サウスウッド(神奈川県横浜市)
先進的木造建築 シネジック(宮城県富谷市)
デザイナー森田恭通と木造建築をみる。わらしべの里保育所・金子製材
町の90%が森林。林業の町、住田町の町役場(岩手県)
今見直される木の塀 作庭家 矢藤園(東京都世田谷区)
都会のビル街が森になる!?竹中工務店