木のある暮らし・木の街づくり応援
WEBマガジン

SNS

木工芸の町・小田原市の「木に包まれた小学校」

昇降口(酒匂小学校)

市が森林保全と地域文化の啓発をリード

近年、SDGs(持続可能な開発目標)や環境保全への関心が高まる中、森林や木材が注目されている。森林の保全には「伐って、使って、植えて、育てる」というサイクルの構築が欠かせないため、「木材利用」を積極的に呼びかけている自治体も少なくない。その1つが、寄木細工や漆器など木工芸の町として知られる神奈川県小田原市。地域産木材の利用拡大に向けた取り組みを行っており、今とくに力を入れているのが「小学校の内装木質化」だ。
 

「木に包まれた学校」を通じて地域文化への理解を深める

「きれいになってる!」「木のいい匂い!」。2019年の2学期初日、子どもたちは登校した途端、口々に感嘆の声を上げた。ここは、相模湾に近い小田原市立酒匂(さかわ)小学校。柔らかな光が差し込む昇降口の壁面や天井、下駄箱が、木材をふんだんに使ってリノベーションされていたのだ。その多くが、地元・小田原産のスギやヒノキだという。
 
元・小田原市立酒匂小学校 教頭(現・同市立橘中学校 教頭)
米山由美子氏
ここは、19年に行われた校舎の木質化改修によって生まれた空間だ。市域の約4割が森林である小田原市では、11年から地域産木材の利用拡大に本格着手。間伐材を使った製品開発や幼児期からの「木育」を展開するほか、市役所の一部やキャンプ場のバンガローなど、公共建築物に地域産木材を積極的に活用するなどして、森林・林業・木材産業の普及啓発を図っている。18年からは、「学校木の空間づくりモデル事業」(木質化)を開始。同事業に応募した当時の酒匂小学校教頭、米山由美子氏(現・同市立橘中学校教頭)はこう語る。

「モデル校1校目の東富水小に見学に行った際、木の雰囲気がとても素敵でした。酒匂小は歴史のある学校で趣がありますが、校舎が古いため改修が必要でした。せっかくなら子どもたちが木のぬくもりに触れられる環境にしたかった」
 
 
改修が決まると、学校関係者だけでなく市の林業関係者や伝統工芸に携わる若手職人らが協議を重ね、木材の利用法や空間の検証を行った。18年12月に始まったプロジェクトは、19年9月に竣工。地域一体となって短期間で駆け抜けた。20年春から酒匂小学校教頭を務める安田恵美子氏は「保護者など訪問される方は皆さん、木の香りと明るい雰囲気に驚かれます」と話す。従来の壁と扉を撤去して造った「くすのきホール」は、広々としてフレキシブルな空間利用が可能。改修直後は、「掃除当番が奪い合いになるほど子どもたちに人気だった」と米山氏は笑う。
 
「日常的に木に触れられるように」との思いで作られた木の荷物掛けも好評だ。フックは教員らの声から可動式にし、荷物が重ならないよう調整できるようにした。細かな使い勝手を追求できるのも、加工しやすい木材ならでは。木質化のこだわりとして、「香りや手触りを生かすため、使用木材はすべてニスを塗りませんでした。味わいが増して長く使えるのも木のよさ」と米山氏は語る。また、地元の木工職人による室名サインは伝統工芸の寄木細工などが施されており精緻な美しさが目を引く。「木質化で、子どもたちが日常的に地域文化に触れるよい機会になりました」(米山氏)。
 
くすのきホール(酒匂小学校)
 
昇降口(豊川小学校)
写真手前がスタッキング式の展示棚(豊川小学校)
   

「木」がもたらす情緒的メリット

 20年夏に改修したばかりの同市立豊川小学校校長の大木敏正氏は「本校の教育方針では学力の土台となる健康で安定した心を育むことを大切にしています。木の温かさが心の育ちに好影響を与えるのでは」と期待し、木質化を実施。実際、文部科学省でも「内装が木質化された校舎では、非木質校に比べ、子どもたちは教室を広々と感じ、校舎内での心地よさや自分の居場所などをより感じて生活している」といった木の情緒的なメリットを裏付ける研究結果などを紹介している。
 

小田原市立豊川小学校 校長
大木敏正氏
同校で特徴的なのは、素材を生かした意匠。例えば昇降口の壁面は、ヒノキをカットした約2万個のウッドタイルを職人が一個一個張り込んで作られたが、木目や色みの違いが豊かな表情を生んでいる。削りでドット模様を施したベンチ座面もかわいらしく、座り心地がよい。「コンクリートの壁面が木で覆われ、一気に全体のトーンが明るくなってリラックスした雰囲気になりました」(大木氏)。自由度高く設計できる木の利点が発揮されたのが、教員のアイデアによる展示棚。2段で使えるスタッキング式にして各学級前に設置し、限られたスペースを有効活用できるようになった。

米山氏も大木氏も「学校の木質化では、教員や地域、保護者の思いを大切にしながら一緒に進めることが重要」だと話す。実際、両校の木質化に当たっては、地元の木材関連人材の連携や尽力が大きかった。

「小田原市が地域産木材の利用拡大に取り組み始めて約10年。市で顔の見えるつながりを構築できたことは大きな財産」と話すのは、同市経済部農政課 林業振興担当課長の新倉和宏氏。
 
同氏は小田原の森林の現状について、「本市の森林面積は、全国の林業地と比較すると大きくはないですが、森林・林業・木材産業に関わる人材が豊富。彼らの尽力のおかげで小田原の森林整備や木材利用の取り組みが進み、『伐って、使って、植えて、育てる』というサイクルが再び作られつつあります」と話す。

森林が有する水源涵養や生物多様性の保全と土砂災害や地球温暖化の防止など多面的な機能の維持、気候変動対応や環境保全を目指すSDGs達成の観点からも、「伐って、使って、植えて、育てる」というサイクルの構築が必要。こういった環境的な側面だけでなく、小学校の木質化事例で見てきたような「木のぬくもり」が人に与える安らぎや地域活性化の観点からも、身近な生活にもっと「木」を取り入れようという動きが起こりそうだ。
 
可動式の木の荷物掛け(酒匂小学校)
小田原の伝統工芸が光る室名サイン(酒匂小学校)
削りで模様が施された昇降口のベンチ(豊川小学校)
表情が一個一個異なる昇降口のウッドタイル(豊川小学校)
   
出典:2020年10月20日 『週刊東洋経済および東洋経済オンライン』掲載記事広告